新卒採用 // 社員紹介

PROFILE

出身学校:崇城大学
出身学科:機械工学科
所属部署:第1車両設計部
入社年:2013年

Q01.入社から現在まで

入社してすぐは、ビジネスマナー等を学ぶ研修が一週間、開発の流れ・車のしくみ・製図等の設計に必要な基本的な知識を一ヵ月学び、その後、私は第1車両設計部に配属となりました。
配属後は上司・先輩からの指導で業務を行いながら、材料力学や自動車材料などの自動車工学の基礎の教育を受けていきます。
工場での現場実習も行われ、実際に車の製造工程を体験します。
現在は、これまでに得た知識を活用し本格的な設計に携わっていきます。
学生時代に学んだ事と、入社後の教育で学んだ事を業務にしっかりと活かして行きます。

Q02.入社して気付いたこと

入社するまで、設計の職場は黙々とパソコンやCADを使って仕事をし、ミーティングの時に周りのメンバーと話をする程度のイメージでした。
しかし、実際の職場の雰囲気は違っていて、設計室のいたる所で、設計内容を確認するミーティングを行っています。
設計した図面に関する打合せで部品メーカへ出張したり、工場へ出向いて実際の部品を確認する等、様々な動きがある仕事だと感じています。

Q03.今後の目標

今後の第一の目標は、設計者として必要な知識や技術を学び、身に付けて行くことです。
上司から仕事を指示された時に、ただ言われた通りに行うのではなく、仕事の目的・目標を確認し、理解を深めて仕事を進めることで、知識と技術力が身に付き、仕事を行うスピードが速くなると思います。
どんな仕事に対しても、きちんと理解する事によって多くの事を吸収し、仕事を効率良く進めることが出来ますし、仕事に対する興味ややりがいが得られるようになるのだと思います。

Q04.就職活動中の方へメッセージ

設計者に必要な知識に関する教育が充実しており、職場では経験を積んだ多くの先輩方の仕事を間近で見ることができ、自身のスキルを向上させることが出来ます。
弊社に入社すれば必ず自動車の設計に携わることができるので、自動車や設計に興味を持っている人にとっては最適な会社だと思います。