新卒採用 // 社員紹介

PROFILE

出身学校:拓殖大学
出身学科:機械システム工学科
所属部署:BR車両設計部
入社年:2012年

Q01.現在の仕事内容

BR車両設計部で、中型トラックのブレーキ配管の設計を担当しています。
配管の設計というとあまりピンと来ないかもしれませんが、ブレーキペダルから各機能のバルブ・ブレーキ本体迄の配管の経路設計はもちろん、固定する為の板金部品の設計やバルブの配置検討などが主な業務となります。

主に3D-CADを用いて設計・検討を行いますが、バルブ配置検討の際には大きな紙に車両全体を印刷し、他の装置との関係を確認したり、配管の経路を検討する際には実際の車両に部品を這わせ、スペースや組付作業性の確認をしたりします。
また、設計して図面を描く為に、部品メーカや工場、実験部との打合せなど、様々な部署の人とコミュニケーションをとることがとても重要です。

ブレーキ配管は制動性能を確保する為に、圧力の損失を最小限に抑える必要があります。
配管設計の善し悪しで性能を左右するので、一見地味な仕事ですが、やりがいがあります。

Q02.入社して気付いたこと

「自分の描いた図面が初めて製品になったときの感動」です。
設計に携わる方々が口々に言うのも例に漏れず、私もそれを感じた一人です。
初めて設計を担当したのは、単純な形状の金属パイプでした。
図面の中の「線」の集まりでしかなかった物が、実際に車の部品という「物」となって目にしたときの感動は、とても大きいものでした。

部品の形状を決めるにあたって、「こんなに考えることがあるのか」という驚きもありました。
パイプを曲げる位置・角度、周辺部品との関係、組付作業性、車両の使用環境・・・と様々な課題を解決する必要があることを知りました。

様々な苦労がありますが、その分達成感や感動を味わえる仕事だと感じました。

Q03.今後の目標

日々仕事をしていく中で、設計者としてまだまだ未熟だと感じたり、自信が持てなくなる時があります。
自分の設計がベストだと言い切れなければ、その後の工程の方々に理解してもらうことは出来ませんし、そんな車はお客様に買って頂くことは出来ません。

今は、設計者として必要な知識・経験を身に付けたいと考えています。
そして自分の設計に100%の自信を持てるようになりたいです。
今は上司や先輩に的確なアドバイスをもらっていますが、自分が先輩、上司となった時に同じことが出来るように、日々精進していこうと思っています。

Q04.就職活動中の方へのメッセージ

この会社は「設計をしたい」と考えている方にはとても魅力ある職場だと思います。
若いうちから主担当として、仕事を任せてもらえるので設計者としての経験も多く積むことができ、やりがいを感じながら仕事をすることが出来ます。
入社後の教育制度も充実しており、設計者としての基礎もしっかりと身につけられる環境が整っています。
是非、設計者としての「感動」を味わってみてください。皆さんと一緒に仕事が出来ることを楽しみにしています。